ホーム > 書籍 >詳細

仕事の悩み、不満、疑問はエクセルで解消! ―エクセルで仕事をイノベーションする―

プロコンサルタントの最強エクセル術

"エクセルはややこしい計算をしたり、数字を表にまとめる道具ではない。自らが考えた新しい仕事のやり方を自分自身の手で実現する道具だ"

この30年かけて考えてきた私のビジネスノウハウ、仕事のイノベーションンのやり方をエクセルで表現したのが本書です。

本書で書いているシーンは創作したものではありません。すべてが実際に私がぶつかったものであり、本書に出て来るデータ(紙面の都合で少し量を減らしたものもありますが)も、そこで使ったエクセルも、すべて実際のものです。本書はノンフィクションです。 本書では「仕事をイノベーションするシーン」=「エクセルを使うシーン」を次の7つに分けています。
・各人がバラバラに持っている情報を共有して皆で使う。
・数字、文書などの情報を見える化して、まわりの人にプレゼンテーションする。
・データを集めて分析し、報告する。
・「こういう手を打ったら、どう変わるんだろう」と未来をシミュレーションする。
・会議、プロジェクトなどでのディスカッションを合理的にして、質の高いアウトプットをスピーディに生む。
・人事評価、品質評価、企業評価などの“評価”のキレをよくして、まわりに納得してもらう。
・インターネットをうまく使って情報収集する。
この7つのシーンでエクセルを使っていくのですが、本書を読むのに事前知識は一切いりません。
さあ、今、立ち読みしているあなたも(買ってしまったあなたはもちろんの事)本書にトライしてください。
エクセルはあなたの仕事を変えてくれます。仕事をイノベーションする人こそが、これからのビジネスリーダーです。
―「プロローグ」より抜粋―

目次

  • プロローグ
    • エクセルがビジネスのすべての問題を解決してくれる
    • エクセルで仕事をイノベーションする
    • エクセルでノウハウを共有する
    • 本書を読むのにエクセルの事前知識はいらない
  • SCENE1 情報を共有する
    • データベースでデータを共有する
    • パソコンからエクセルが生まれる
    • エクセルへデータを渡す
    • エクセルを前提としたERPパッケージ
    • インターネットの登場
    • Webという新しい技術が生まれる
    • Webが生む大幅なコストダウン
    • Webが情報システムを変える
    • エクセルで情報をWebにつなげば、格段にフレキシブルになる
    • 自由に作って後からつなぐ
    • リンクでデータをつなげる
    • 言葉の定義をエクセルで共有する
    • 8冊の本をエクセルでつなぐ
    • エクセルのリンクで情報のまま共有化する
    • 動画もエクセルで体系化する
    • マニュアルを動画で作る
    • 【tweet1】スマホ世代
  • SCENE2 情報を見える化する
    • 「戦略の見える化」にはポジショニングマップが必須
    • 現状を見える化する
    • 環境分析をベクトルで表現する
    • 事業戦略を見える化する
    • ベクトルと目標を結びつける
    • ポジショニングマップはポートフォリオ分析から生まれた
    • 店舗の成績をポジショニングマップで見える化する
    • 指標が四つ以上ならレーダーチャート
    • 財務分析はコンサルティングに使えない
    • 「株主が会社を所有している」というアメリカンモデル
    • ROEとキャッシュフロー計算書
    • 株主向けのB/Sを経営者・従業員向けに変える
    • B/Sを変換して「使える形」にする
    • P/Lをグラフで見える化する
    • 減価償却費は入ってくるカネ
    • C/F計算書もエクセルで見える化
    • 二つのデータの関係はプロット図で見える化
    • ABC分析もエクセルで
    • 二つのデータの関係曲線をエクセルで書く
    • 工程表をエクセルで
    • 【tweet2】働き方改革とIT
      • ゆっくりやった方が給料は高い
      • 時間で働くか、成果で働くか
      • ワーク・ライフ・インテグレーションでモチベーションも上がる
  • SCENE3 データを分析する
    • 統計の考え方がわからないとエクセルを使えない
    • 分析に現場感覚を生かす
    • コンスタントをエクセルで計算する
    • 積分なんて恐くない
    • 在庫と山形曲線の関係
    • エクセルで確率を計算する
    • 適性在庫をエクセルで計算する
    • 未来を予測する
    • 直線ではなく曲線で考える
    • 相関分析もエクセルであっという間
    • データで相手を説得するなら検定
    • エクセルで検定する
    • バラツキの検定― F検定
    • 度数の検定―実測値と期待値
    • 【tweet3】IoT
      • IoTは経営の既存概念を破壊する
      • やんちゃな若手エンジニアにIoTの話をしたら
  • SCENE4 シミュレーションする
    • 回帰分析とは線を引くこと
    • 説明変数を増やす
    • 重回帰分析でシミュレーションをやってみよう
    • 時間を考慮したキャッシュフロー
    • 設備投資シミュレーションはエクセルのIRRで
    • 売上目標から利益目標を作る
    • 投資計画―減価償却のとらえ方
    • ファイナンス計画もエクセルで
    • 株価を予想するアメリカンモデル
    • アメリカンモデルをイノベーションする
    • 予算をシミュレーションで作る
    • 【tweet4】AI
      • 第1次ブームと第2次ブームは去っていった
      • 難問を解決した二つの進歩
      • 英語学習も不要になる?
  • SCENE5 ディスカッションする
    • 意見を聞く、出すためのディスカッション
    • ディスカッションのプロセスをどう記録するか
    • ディスカッションシステムのイメージ
    • ディスカッションをエクセルで管理する
    • セミナーの時間設計に使う
    • アンケート機能をエクセルで使う
    • 情報を親子関係で表す
    • 関心事をディスカッションしてエクセルにまとめる
    • ディスカッションでマネジメントシステムを作る
    • 案を選ぶやり方をエクセルで表現する
    • リスク分析のやり方をエクセルで表現する
    • 【tweet5】ITコスト
      • ITコストが膨らんでいく
      • 社内の情報システムをどう作る?
  • SCENE6 インターネットを使う
    • インターネットのデータをエクセルで体系化する
    • Webサイトのデータをエクセルに変える
    • 専用Webサイトをオープンソースとエクセルで作る
    • e-ラーニングサイトのセットアップ
    • e-ラーニングの受講イメージ
    • e-ラーニングの管理もエクセルで
    • インターネットでエクセルデータを共有する
    • インターネットサービスをエクセルで使う
    • エクセルの動きを動画で
  • 《別添》エクセルの詳細手順
    • 詳細手順1:ポジショニングマップを作る
    • 詳細手順2:集計キーを使って集計する
    • 詳細手順3:B/Sをグラフにする
    • 詳細手順4:工程表(ガントチャート)を作る
    • 詳細手順5:CVPシミュレーション
    • 詳細手順6:散布図を使って棒グラフを描く

概要

プロコンサルタントの最強エクセル術
初 版 :2018年9月
発行所:PHP研究所
価 格 :2,000円+税

ページの先頭へ戻る