ホーム > 書籍 >詳細

企業変革のビジョン 「マネジメント3.0」に達した会社はつぶれない

その場しのぎの会社

「私ならこんな手は打たない。赤字になったくらいで従業員をクビにしてしまう社長なんて経営者とは言えないだろう。いつの間にこんなにその場しのぎの会社が増えたんだろう」
ある社長が私に言った言葉である。
あれだけ世界に名をはせた日本的株式会社も、今、大きな転機を迎え、勝ち組と負け組に分かれていっている。この分かれ道を決めているものはいったい何だろうか。これが本書のテーマである。
『プロローグ』より

目次

  • プロローグ
  • ■テーマ1 創業回帰
  •  ケースワーク:なぜ日立はよみがえり、ソニーは凋落したのか
  • ■テーマ2 戦略フロー思考
  •  ケースワーク:オムロンはどん底の中でなぜミッションを変えたのか
  • ■テーマ3 グローバル化とインテグリティ
  •  ケースワーク:日揮はなぜグローバル化に成功したのか
  • ■テーマ4 マーケティング
  •  ケースワーク:キリンはアサヒに負けてこれからどうするのか
  • ■テーマ5 アライアンス、M&A
  •  ケースワーク:菱食のバリューチェーンはなぜ失敗したのか
  • ■テーマ6 現場と人材育成
  •  ケースワーク:デンソーは苦しい中でなぜ技能学校を捨てなかったのか
  • ■テーマ7 ITそしてエピローグ
  •  ケースワーク:みずほはなぜシステムダウンをくり返したのか
  • エピローグ

概要

その場しのぎの会社が、なぜ変わったのか
初 版 :2015年9月
発行所:PHP研究所
価 格 :800円+税

ページの先頭へ戻る