ホーム > 書籍 >詳細

自分の話をわかってもらうコツは、相手に「かしこそう」というイメージを与えること

論理的な伝え方

"どうしてわかってくれないんだろう"
仕事をしていて自分の考えたことや気持が相手に伝わらず、悩んだことはありませんか?こんな悩みを解決するのが本書です。
相手にわかってもらうためには、相手があなたの話を聞こうと思ってくれなくては意味がありません。そのためにあなたのすべきことは相手に「かしこい」というイメージを与えることです。あなたが「かしこい人」だと思えば相手は「この人の話を聞こう」と思うし、話す内容もきっとしっかりしていると思います。
相手に「かしこい」というイメージをあたえるには、あなたが「論理的に伝える」努力をすることです。そうです。論理的=かしこいです。
『プロローグ』より

目次

  • PARTⅠ:基本テクニック編
    • Lesson1:論理的に伝えるためのムード作り
    • Lesson2:伝える内容を論理的にするコツ
    • Lesson3:論理的に話すコツ
    • Lesson4:論理的にプレゼンテーションするコツ
    • Lesson5:論理的にインタビューするコツ
  • PARTⅡ:必殺テクニック編
    • Lesson6:勘を伝え共感する技術
    • Lesson7:知を伝え共感する技術
    • Lesson8:決を伝え共感する技術
    • Lesson9:情を伝え共感する技術
    • Lesson10:危を伝え共感する技術

概要

論理的な伝え方を身につける
初 版 :2011年4月
発行所:PHP研究所
価 格 :720円+税

ページの先頭へ戻る