ホーム > 書籍 >詳細

コンサルタントに最も必要なものはなにか? ― 次世代コンサルタントのイノベーション ―

コンサルタント論

本書はこうして生まれた若き(年齢だけではなく精神的に若い、つまり過去を破壊する力を持っている)次世代コンサルタントたちが作り出した「新しいコンサルタント像」に関する記述書である。
第1章では次世代コンサルタントのあるべき姿、特に社会における位置づけを「コンサルタントのミッション」として書いている。
第2章はコンサルタントの商品であるコンサルティングについて、“新しいコンサルティング”と“従来のコンサルティング”を対比して書いている。
第3章、第4章は次世代コンサルタントが開発したビジネスモデル、マーケティングモデルについて実例を紹介するとともに、そこに私の意見も入れながら書いている。 最終章はコンサルタントをこれから目指す人、現役コンサルタントで自らをイノベーションしたい人を対象として、その進め方、考え方を「プロフェショナルコンサルタントへの道」と題して書いている。
本書は次世代コンサルタントの中間報告書であり、明日への提案書でもある。コンサルタントやコンサルタント予備軍の方たちがこれを読み、さまざまな意見が出て、もっともっと新しい魅力的なコンサルタント像が生まれ、そしてそれが実現して行くことを期待している。
―『序章』より―

目次

  • 序章:コンサルタントにイノベーションが起きている
    • 1. 3つのイノベーション
      • (1)イメージチェンジ
      • (2)ボーダーレス
      • (3)新しいビジネスモデル・マーケティングモデル
    • 2. イノベーションの3つの要因
      • (1)資格の飽和感
      • (2)IT がコンサルティングテーマに
      • (3)労働の流動性
    • 3. 本書のねらい
  • 第1章:コンサルタントのミッション
    • 1. コンサルタントの定義
      • コンサルタントは学者ではない
      • コンサルタントは組織の部外者であり第三者
      • コンサルタントは特定のニーズに対するプロフェショナル
    • 2. コンサルタントの CSR
      • コンサルタントにも CSR は求められる
      • (1)存在責任
      • (2)公益責任
      • (3)公共責任
      • クライアントの公共性を守る
      • 公共性を持った次世代コンサルタントを育てる
    • 3. コンサルタントの意義
      • コンサルタントの意義は外から冷静に見ること
      • 夢が実現する期待感
  • 第2章:コンサルティング・イノベーション
    • 1. コンサルティングの範囲
      • (1)コンサルティングに含まれるもの
      • (2)コンサルティングに含まれないもの
    • 2. コンサルティングの指標
      • 情報の指標はコンテンツ、表現、伝達
      • (1)コンテンツの指標
      • (2)表現の指標
      • (3)伝達の指標
    • 3. コンサルティングの対象
      • コンサルティングの対象は人でも業務でもない
      • コンサルティングはニーズのパターンで分類する
      • コンサルティングの対象はクライアント
    • 4. 商品開発
      • (1)前提情報確認
      • (2)事実情報収集
      • (3)他人の意見収集
      • (4)過去の自分の意見収集
      • (5)意見創造
  • 第3章:ビジネスモデル・イノベーション
    • 1. 組織モデル
      • (1)組織化の原点
      • (2)縦型組織
      • (3)横型組織
    • 2. オペレーションモデル
      • (1)従来型モデル
      • (2)新しいモデル
    • 3. マネジメントモデル
      • (1)マネジメントの構造
      • (2)権限委譲としてのマネジメント
      • (3)PDCA としてのマネジメント
  • 第4章:マーケティング・イノベーション
    • 1. コンサルタントのマーケティング戦略
      • (1)従来型のマーケティング
      • (2)マーケティング戦略を考える
    • 2. カスタマーマーケティング
    • 3. チャネルマーケティング
      • 営業はプロにまかせる
      • (1)コンサルティングファーム
      • (2)団体
      • (3)コンサルタント仲間
      • (4)一般企業
      • (5)自らが設立した会社
      • (6)協働受注組織
    • 4. ブランドマーケティング
      • 顧客満足度がブランドを生む
      • (1)コンサルティングフィ-
      • (2)肩書き
      • (3)コンサルティング経験
      • (4)執筆
      • (5)講演
  • 最終章:プロフェッショナルコンサルタントへの道
    • コンサルタントの価値評価
    • 2. コンサルタントのプライド
      • (1)コンサルタントの持っている能力
      • (2)コンサルティング経験
      • (3)コンサルタントの持っている情報
      • (4)仕事への愛
      • (5)美意識
    • 3. コンサルタントの魅力度
      • (1)クライアントから見たコンサルタントの魅力度
      • (2)チャネルから見たコンサルタントの魅力度
      • (3)他コンサルタントから見たコンサルタントの魅力度
      • 本音の結論

概要

コンサルテント論
初 版 :2008年11月
発行所:同友館
価 格 :2,000円+税

ページの先頭へ戻る