ホーム > 書籍 >詳細

最新のIT用語から、基本的なキーワード71を厳選し、図解とともにわかりやすく解説

IT 活用の基本

第Ⅰ章では飛躍的に進歩した「ITそのもの」について述べ、第Ⅱ章、第Ⅲ章で経営戦略・マネジメントへの「IT活用法」を、第Ⅳ、第Ⅴ章で業界ごとの「 IT 活用パターン」を、そして第Ⅵ章では「ITリスクに対する基本的考え方と対策」を述べています。
これらが71の用語別に文章と図解・イラストで書かれています。しかし本書は単なる IT 用語辞典ではなく、全体が1つのストーリーを持っており、体系的に理解できるように工夫してあります。
本書は自動車でいえば「自動車の作り方」でも「自動車の運転の仕方」を書いたものでもありません。言ってみれば「ドライブマップ」のようなものであり、ITをゼロから理解したい人、IT活用のアイデアを求めている人を対象に、ITを使って何ができるのかが書かれています。これを通して自らのビジネスへの IT 活用のヒントを得ていただければ幸いです。
―『まえがき』より―

目次

  • 第Ⅰ章:IT を知る
    • IT とは・・・社会生活、ビジネスを変える
    • レガシーシステム・・・過去のプログラムが捨てられない
    • オブジェクト指向・・・データ利用を中心に考える
    • インターネット・・・世界中のネットワークが接続されたもの
    • TCP/IP と Web 技術・・・インターネット上での標準ルール
    • ブロードバンド・・・動画・音声など大きなデータを送るネットワーク
    • 第3世代携帯電話・・・動画をやりとりできる携帯電話
    • RFID ・・・読み取り機に触れなくても人や物を識別
    • ユビキタス社会・・・いつでもどこでも情報にアクセスできる
    • 【CoffeeBreak】SE の悩み
  • 第Ⅱ章:経営戦略への活用
    • IT 経営・・・ビジネスモデルを開発
    • IT 戦略・・・IT を生かして高度な経営戦略を立案すること
    • IT 投資・・・見えないコストも含めた TCO で考える
    • 組織におけるデータ活用・・・企業の上位層ほど高度なシステムが必要となる
    • IT 組織・・・IT 戦略を立案し遂行していく組織
    • ERP ・・・企業のすべての業務を一元管理すること
    • ASP ・・・インターネットを使ってソフトウェアを貸し出す
    • IT ベンダー・・・システム開発からソリューションへ
    • アウトソーシング・・・特定の業務を外部へ一括して委託すること
    • アライアンスと IT ・・・複数の企業をITがつなぐ
    • IT ケイパビリティ・・・戦略力、組織力、調達力が成否を分ける
    • 【CoffeeBreak】経営者タイプと IT
  • 第Ⅲ章:マネジメントへの活用
    • IT マネジメント・・・混在する情報をシステム化する
    • データの共有化・・・「ため方」は統一しない
    • データベースシステム・・・データの共有を容易にする仕組み
    • データウェアハウス・・・データを加工せず倉庫に入れる
    • データセンター・・・ネットワークの安全、安心を狙う
    • ポジショニンググラフ・・・3つの指標を1つのグラフに
    • データマイニング・・・検索と集計をくり返す
    • 予測システム・・・実績値が出てから考える
    • シミュレーション・・・意思決定したらどうなるか
    • 意思決定支援システム・・・人間が行う意思決定をコンピュータが支援する
    • ナレッジマネジメント・・・知識、ノウハウ、経験を管理する
    • メールとマネジメント・・・組織をフラットにする
    • 【CoffeeBreak】メールが企業を変える
  • 第Ⅳ章:流通・生産への活用
    • POS システム・・・バーコードを普及させたシステム
    • POS データの活用・・・新鮮さ、細かさ、正確さがカギ
    • CVP 分析・・・利益シミュレーション
    • カテゴリーマネジメント・・・情報と実体をドッキング
    • CRM ・・・ロイヤルカスタマーを育てる
    • FSP ・・・来店頻度の高い顧客に優遇サービスを提供
    • EOS ・・・初めての企業間ネットワーク
    • メーカーの IT 活用テーマ・・・経営テーマに合わせて IT 活用は進化する
    • ABC ・・・作業単位に原価を計算していく
    • FMS ・・・多品種少量生産を支える IT
    • ネット調達・・・インターネットを使って資材・部品を調達する
    • e マーケットプレイス・・・インターネット上で企業間の商品売買を仲介する
    • CALS ・・・メーカーのトータルシステム
    • SCM ・・・流通在庫を圧縮して効率的に消費者へ対応
    • クロスドッキング・・・物流センターで積み換えて配送
    • 【CoffeeBreak】ロボット
  • 第Ⅴ章:金融・サービスへの活用
    • インターネットビジネス・・・金融、EC、マーケティングが柱
    • インターネットバイキング・・・ネット上で決裁サービスを提供
    • 電子マネー・・・デジタル化されたお金
    • ネット商圏・・・24時間、低料金サービスが特徴
    • クリック&モルタル・・・実際の店舗販売とネット通販の両方を行う
    • ネットビジネスモデル・・・ネットの特徴を活かしたビジネスの仕組み
    • コールセンター・・・電話、コンピュータ、インターネットの融合で高度化
    • インターネットマーケティング・・・広告、商品開発、コミュニティ形成も
    • アフィリエイト・・・広告費を変動費に
    • ブログと SNS ・・・ CtoC の情報交換をマーケティングに
    • モバイルマーケティング・・・携帯電話をネット端末に
    • ストリーミング・・・動画や音声を受け取りながら再生
    • デジタル家電・・・すべての家電がインターネットで結合
    • 【CoffeeBreak】IT マーケット
  • 第Ⅵ章:IT とリスク
    • セキュリティとリスク・・・リスクからITを守る
    • セキュリティポリシー・・・セキュリティに対する考え方
    • 個人情報保護法・・・個人情報を適切に取り扱う
    • 電子認証・・・インターネット上での本人確認
    • デジタル署名・・・本人の署名をネットワークで行う
    • VPN・・・コストの安い公衆回線のセキュリティを高める
    • ネット詐欺・・・インターネット上で人をだまし、損害を与える
    • コンピュータウイルス・・・ネットワークでのいたずら
    • 不正アクセス禁止法・・・他人の ID ・パスワードによるアクセスを禁止
    • 知的財産権・・・知的創作によって生まれた財産
    • ビジネスモデル特許・・・新しいビジネスモデルを発明として特許にする
    • 【CoffeeBreak】ネットとセキュリティ

概要

IT 活用の基本
初 版 :2007年3月
発行所:日本経済新聞出版社
価 格 :1,000円+税

ページの先頭へ戻る