ホーム > 書籍 >詳細

「こんなことも知らないのか💢」と言われないために…仕事ができる人の知恵⇒それがナレッジ

法律のナレッジ

企業経営で考えれば、放っておけば「皆がやってしまうこと」、そして違法行為として「企業がダメージを受けること」をシステマチックに止めるのがマネジメントであり、マネジャー、経営者の職務といえます。
したがって本書のもっとも中心となる読者対象はマネジャー、経営者といったビジネスリーダーです。彼らは法律の意味をよく理解し、せめて自らに与えられたミッションに関するルールを知っている必要があります。そのため本書は単なる法律のルールではなく、どうしてそういうルールになったのか、何が社会の問題と考えてルールを作ったのかといったことをできるだけ解説するよう努力しています。
第2の読者対象は一般ビジネスマンです。ビジネスマンにとって MUST となる「法律のナレッジ」は「どんな法律が世の中にあるのか」ということです。法律というルールの「ありか」がわからないことには、法律についての相談さえもできません。本書はビジネスに必要な法律の「ありか」がすぐにわかるように、ビジネスマン向けに法律を体系的に整理しています。また法律名も通称を中心として記述し、正式名称はできるだけ抑えるようにしています。
―「はじめに」より抜粋―

目次

  • 第1章:法律の世界
    • テーマ 1:法律とは
    • テーマ 2:法律の分類
    • テーマ 3:法律のプロ
    • テーマ 4:裁判のルール
    • 【coffee break】1. 法律業界の疑問
  • 第2章:会社法
    • テーマ 5:会社の種類
    • テーマ 6:株式会社の特徴
    • テーマ 7:株式会社のメンバー
    • テーマ 8:会社を設計する
    • テーマ 9:会社を作るルール
    • テーマ10:増資のルール
    • テーマ11:会社を変えるルール
    • 【coffee break】2. 買収ドラマ
  • 第3章:社会に関する法律
    • テーマ12:株を売買するルール
    • テーマ13:倒産のルール
    • テーマ14:税と税法
    • テーマ15:所得税のルール
    • テーマ16:法人税のルール
    • テーマ17:消費税のルール
    • テーマ18:環境を守るルール
    • テーマ19:インターネット法
    • 【coffee break】3. 税制改革
  • 第4章:取引・契約に関する法律
    • テーマ20:私法の王様「民法」
    • テーマ21:契約と法律
    • テーマ22:契約のパターン
    • テーマ23:やってはいけない取引
    • テーマ24:消費者を守るルール
    • テーマ25:JIS と ISO
    • 【coffee break】4. 家族法
  • 第5章:経営資源に関する法律
    • テーマ26:守るべき労働法
    • テーマ27:労働者を守るルール
    • テーマ28:発明を保護する
    • テーマ29:デザイン・マークを保護する
    • テーマ30:著作物を守る
    • テーマ31:不正競争防止と国際保護
    • 【coffee break】5. 法律を勉強して

概要

法律のナレッジ
初 版 :2006年2月
発行所:同友館
価 格 :1,000円+税

ページの先頭へ戻る